様々な機械たち

プレス機とは

金属加工において必要不可欠な機械として有名です。金属の材料を型に取り付けて、その金属に圧力をかけて型と同じ形状にする特徴があります。自由にサイズやデザインを作ることができるため、自動車などの製品を作る際には欠かせない機械です。

主な機械!

金属

ボール盤とは

ドリルを使って、穴を空ける加工をするのがボール盤の役目です。ボール盤には様々な種類があり、ドリルが金属に垂直になっているのが直立ボール盤。テーブル上に設置可能か卓上ボール盤。多数の穴をあけることができる多軸ボール盤、他にもたくさんの種類があります。

溶接機とは

2つ以上の金属をくっつけることができるのが溶接機。電流の熱で溶接するスポット溶接、ガスやプラズマなどを用いて溶接する方法もあります。しかし、今までは手作業が多かった溶接ですが、スパークや高温などの危険性があるので、規模が大きい生産ラインであれば、作業をロボット化しています。

プレスブレーキとは

金属を折り曲げるための機械です。微妙な加減が重要ですので、高度な技術が必要とされています。2種類のプレスブレーキがあり、油圧式と機械式があります。主に機械式より油圧式を用いる業者も多く、理由は細かい力調整ができるからと言われています。

バリトリ機とは

バリとは、金属の切断、穴あけ加工をしたときに加工した断面にできた出っ張りのことを言います。そのままにしていると、精度が低下したり、作業員のケガにも繋がるのです。そのバリを取る機械が、バリトリ機です。バリトリ加工は安全性にも仕上がりにも影響があるので大切な加工になります。

高圧水発生装置とは

加工の際にでた汚れや油分を洗浄液で洗浄することができる機械です、その方法も種類が豊富でシャワーノズルから噴射して洗浄するシャワー洗浄や、洗浄液の中に洗う金属を入れ、一定時間浸からせて洗浄するディッピング洗浄など、様々な方法があります。

広告募集中