気になる金属加工!

加工業者の選び方

作業員

信頼できる業者なのか!

依頼者と業者は信頼関係が必要になります。その信頼関係がないと依頼しても、希望通りにならなかったり、納期に間に合わなかったりするハプニング発生する可能性があります。そのため選ぶポイントとしては、依頼者側の質問しっかり対応してくれるのかです。依頼時の返答態度は最初に見るポイントになります。

希望する加工はできる?

そもそも希望している加工ができない業者に依頼はしたくないものです。なので依頼時に、目的と生産数について詳しく話し合うことが重要です。その過程を踏まないと後でトラブルの原因になることもあります。

十分な技術力があるのか?

加工は誰でもすぐにできるような仕事ではありません。そのため高い技術力が必要です。しかし、その技術が乏しいと依頼した製品の品質に関わります。なので、依頼前に、希望に近い製品を見せてもらって検討しましょう。

設備はちゃんと整っている?

設備が整っていないと、依頼すらしたくないでしょう。希望の生産数をしっかり守ってくれるのか心配になります。また人員と機械の整備も確認しておくのも良いでしょう。

見積もりの範囲は?

見積りにも注意点があります。見積り金額が安いところが魅力的なのは良くわかりますが、中には必要な工程代金が含まれていなかったり、後々追加料金を請求する可能性があります。なので、最初に見積りの範囲を確認してください。

債権管理を効率的にできるシステムを紹介!
作業の工程を大幅カット♪ プラスチック容器は専門店で買おう
高品質な製品を多数販売中! 酸化チタンなら専門店で買うべし!
高品質な製品を販売! アルミ鋳物の基礎知識
知っておくと役立つ情報が盛りだくさん! 金沢市の鉄工所に任せる。
ニーズの要望に応えてくれる。

依頼者も注意が必要!

依頼する時は必ず、注意点をしっかり守ってください。しかし、その依頼する時の流れがイマイチわからない方は下記で流れを紹介しています。

依頼手順

最初は業者探し!

まずは、ネットなどで業者を探してみましょう。知り合いからの紹介でも、必ず他の業者も探して下さい。色々と比較することで、自分の目的にあった業者を見つけることができます。

希望の加工ができるのか?

見つけた複数の業者から希望の加工ができるのか、希望生産数を守ってくれるのかなど調べましょう。その確認で業者の加工範囲やどのくらいの生産数ができるのか把握することができるため、業者をどんどん絞り込めます。

実際に加工会社に行く

何社か決めたら、実際に足を運んで見ましょう。ネットや電話確認では見えない、工場の環境や担当者の態度や対応。そういったことを自分の目や肌で感じとれるので足を運べるのであれば行なってください。

図面を用意する!

どのような製品が欲しいのか直接図面をみながら、コスト面や納期などを確認しましょう。コスト削減できる方法や図面作成できないのであれば、その業者に図面作成も依頼できるのかも確認しましょう。

見積り~依頼!

上記の工程を一通り終わったら、最後に総額の見積りをしてもらいましょう。そのときはどこまでの範囲の見積りなのか詳しく確認してください。見積りが納得できたら依頼して、あとは納期を待つのみです。

金属加加工の質問

どんな材質でも加工はOKですか?

基本的には大丈夫です。しかし、業者によってはできない材質もあるので、業者に加工がOKな材質の確認を事前に必ずしてください。

塗装や焼付けはできますか?

塗装に関しては、全てOKとは言えません。中には、塗装は別業者に依頼することもあります。そのため、どこまでこの業者が対応しているのか確認してください。

量産は可能ですか?

業者によっては最低注文数が決められているケースがあります。また、この加工での生産数の限界はここまで、この材質ではいくつまでということを確認することを忘れないでください。

新製品の開発なども協力していただけるのですか

喜んでお手伝いします。やはり新しい商品をつくることはワクワクします。ただ、業者で扱っている加工方法が新商品の製造に合わないことがあるので確認は忘れずに。

個人でも依頼することができますか?

個人でも可能です。個人の場合は大規模な生産ではないため、加工代金も変わっていきます。また最低生産数の確認は忘れないでください。

広告募集中